本文へスキップ
HOME 財団について 研究助成 公開講演会 定期刊行物 財務資料 問い合わせ・アクセス
表紙財団庭の花1
当研究所は「産業化学の進歩発展に寄与すること」を目的として設立されました。

ご挨拶  
  財団法人杉山産業化学研究所は、 昭和17年1月、 東京都三鷹市井の頭にあった旧豊年製油株式会社(現在の株式会社J-オイルミルズ)中央研究所が公益法人に移管され誕生しました。 当時の豊年製油株式会社社長杉山金太郎は、日本の化学工業技術の発展と国民の食生活向上に貢献することを目的としてこの財団法人研究所を設立いたしました。
 昭和48年11月、横浜市戸塚区影取町に移転し、研究事業、理科系大学への研究助成、公開講演会、出版物の配布など公益事業を行ってまいりました。 研究事業は、生化学を中心にして、医薬・医療分野、機能性食品分野、環境保護分野への研究を積極的に進めてまいりました。
  平成23年10月、一般財団法人へ移行の認可を受け、新たな定款に基づき、産業化学に関する調査、研究、産業化学に関する技術及び知識の普及、並びに産業化学に関する研究者及び研究機関に対する助成を行う事業等を継承し、産業化学の進歩発展に寄与すべく努力をしてまいりました。
 弊財団が創設されてすでに70年余りの歳月を重ねておりますが、平成28年4月に研究施設等を譲渡し、横浜市西区に事務所を移転し、これまでの財団運営を大きく変えました。今後は研究助成を主とする事業を継承してまいります。創設者の志を受け継ぎ、産業化学の進歩発展に貢献すべく、精進してまいります。
2016年9月吉日 
一般財団法人杉山産業化学研究所
理事長 亀田 満夫


お知らせ 最終更新日 2016年9月9日
 2016.9.9


「ご挨拶」と「財団について」のページを更新しました。
 2016.4.1
事務所移転のお知らせ

ページトップへ
HOME
ご挨拶
お知らせ

問い合わせ・アクセス